痛くない治療、歯を抜かない矯正ができる東広島市西条の歯医者さん

〒739-0047広島県東広島市西条下見6丁目10-3
JR西条駅より広島大学行バス10分 
ゆめタウン学園店の向かい

診療時間
9:00~12:30 ×
14:00~18:30 ×

受付は、診療時間終了の30分前で、締め切りです。

休診日:日曜・祝日 ※日曜は矯正無料相談日です

ご予約・お問合せはこちら

082-421-3200

当院の虫歯治療

当院では、できるだけ痛みのない、歯を削らない虫歯治療を行っています。安心して治療をうけていただけるよう、さまざまな工夫をしておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

麻酔注射にこだわった、痛みのない虫歯治療

歯医者さんというと、「痛いところ」「怖いところ」というイメージが先に立ってしまい、歯が痛いのを我慢してしまってはいませんか?歯医者に行きにくいその理由を患者さまに聞いてみると、「麻酔注射が痛くてキライ」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

針を刺すときの痛みは、大人になっても苦手な方が多いようですが、実は麻酔注射で痛みを感じるのには理由があります。注射針が太い、麻酔液を注入するスピードが速すぎたり、麻酔液が冷たすぎたりして体への刺激が強いといった原因が考えられます。

そこで当院では、麻酔注射を打つ前に歯ぐきにゲル状の表面麻酔を塗り、しびれて痛みを感じなくなるまで十分な時間をおいて、注射のチクッという痛みを感じないよう配慮。細い注射針を使い、麻酔液は事前に温め、時間をかけて麻酔液を注入するなど、細かいところにまで気を配り、麻酔時の痛みがないような工夫をしています。

また、患者さまが不安を感じないよう、こまめにお声がけをして状態を確認しながら治療を行っていきます。歯科治療に不安をお持ちの方も、安心してご来院ください。

歯を長持ちさせる、なるべく削らない虫歯治療

虫歯の治療で歯を削るとき、虫歯にかかっていない健康な部分まで削ってしまうと、歯はどんどん脆く弱くなってしまいます。

そこで当院では、患者さまご自身の歯を長持ちさせるために、当院ではMI(ミニマルインターベンション)という治療方法を実践しています。

MIとは、「最小限の干渉」という意味の用語で、本当に悪い部分だけを削り、健康な歯質をできるだけ残そうという治療方法です。

治療の際は、歯科用の拡大鏡(ルーペ)を使って、肉眼では見えない小さな部分もしっかりと確認しながら、専用の細いバー(歯を削るための器具)で精密に削っていきます。また、う蝕検知液(むし歯の部分のみに色を付ける薬剤)を使用して、健康な部分を削らないよう、慎重に治療を行います。

白い詰め物で自然な仕上がりに

これまでは、虫歯の治療が終わった後は銀歯を被せたり詰めたりするのが一般的でした。しかし、口を開けたときに目立つ、金属アレルギーが心配という理由で、銀歯を敬遠する方も増えてきています。

当院では虫歯治療で詰め物が必要な際は、できるだけ歯科用のプラスチックを詰めるようにしています。歯を削る範囲も少なくて済み、白い素材ですので目立たず、金属アレルギーの心配もありません。

虫歯の進行が深い場合には、白い素材のセラミックを使った審美歯科治療も行っておりますので、治療後の口元が気になる方はお気軽にご相談ください。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

矯正無料相談・検診・歯石取り・フッ素塗布も予約可能です

082-421-3200

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:  9:00~12:30
午後:14:00~18:30
受付は、診療終了30分前まで
休診日:日曜・祝日
※日曜は矯正無料相談日です

082-421-3200

〒739-0047
広島県東広島市西条下見6丁目10-3
JR西条駅より広島大学行バス10分、ゆめタウン学園店の向かい